本日は、大仙市から『手作り石鹸の講師の資格』を取得するため勉強にきてくださいました。

なぜ、手作り石鹸を学ぼうと思ったのか?

その理由は・・・

その方は、昨年メディカルアロマテラピーのアドバイザーの資格を取得しました。

家族の方が、20年間アトピーでステロイドがやめられずにいたのです。

でも・・・

メディカルアロマテラピーと出会い

「ステロイドからの脱却ができた!」

と大変喜んでいました。

だから、体を洗うものも、安全な材料で自分で作りたい、そして人にも伝えていきたい!ということでした。

 

この手作り石鹸は

食用の植物油でつくります。

私はこだわって、秋田の世界遺産・白神山地の「白神山水」を使います。

5000年前からある手法で作ります。

歴史が長いということは、それだけ素晴らしい作り方ということです。

現代社会は、とにかく早く、便利に、安くが追及されています。

がしかし、それでいいのかしら?

手作り石鹸は

食べられる油で、1~2カ月という歳月をかけてじっくり作ります。

作る楽しみ、石鹸になるまでの待つ楽しみ、使ってお肌が喜ぶ楽しみ・・・

手作り石鹸には、楽しみ・ワクワクが満載です。

 

今日受講した方は、今後手作り石鹸講師として大仙市で活躍してくれることでしょう!

今日は楽しく一緒に学ぶことができました。

ありがとうございました。

この記事がお役に立ったら、ソーシャルメディアでご共有くださいませ。

2016.04.25