風邪、インフルエンザ、新型コロナウイルスに加えて、
2020年2月3日、中国の湖南省で「H5N1亜型」の高原性鳥インフルエンザが発生し、
これまでに4500羽が死亡していたことが明らかになった。
このウイルスはトリからヒトへ感染する能力を持っているので、さらに危機感を覚える。

そんな状況の中、自分でできる対策をご紹介します。

①手洗い
・30秒かけて、爪、指と指の間も丁寧に洗う

②うがい

③免疫促進 (自己免疫力が低いと、薬の効果も低下します)
・メディカルアロマの免疫促進ジェルを耳の裏に塗布
随時「免疫と感染症講座」開催中!

・睡眠6~8時間(理想は7~8時間)
夜更かしをしないで、理想は22時就寝。遅くても0時には寝ましょう!

・バランスのよい食事
*免疫力は、白血球の数と力で決まります!
  腸内環境と体温がカギとなります。
(食事療法は次回詳しくご紹介します)

・大腿筋と背筋を鍛える
(片足立ち:1分間×一日数回)
(背筋を伸ばして、顎を引いて座る:1分×一日数回)

・あいうべ体操 30回/日
口を大きくはっきりと、「あ・い・う」と言って最後に
 「べ~」と言いながら舌を出す。

・有機玄米ぬかカイロ(2,200円)
湿熱なので、体の芯から温めます。

 

 

④エタノール消毒
<選ぶ基準>
70%エタノールがもっとも強い殺菌・消毒力をもつといわれてきていますが、
エタノール60~95%の濃度安易であれば、殺菌・消毒力にはほとんど差がありません。
100%のエタノールはほとんど殺菌、消毒力はありません。

 

⑤トイレの使い方
新型コロナウイルスは、経口感染(糞口感染)の可能性があると報じられた。
・水を流す時は、便座の蓋を閉じる。
・ウォシュレットは使用しない。

*ふたを開けたまま水を流すと、便座の上約25㎝まで菌が飛び散り、便座や床に付着する。
さらに、90分経っても、空気中に菌が浮遊している。

 

⑥漢方
様々な漢方情報が流出していますが、デマもあるようです。
この動画は、信頼する西洋医学の医師でもあり、
日本の漢方名医にも選ばれる信頼できる医師です。
本来、エビデンスのないものはご紹介しておりませんが、
このような事態を少しでも改善できないかとのことで、動画配信されました。
興味のある方は、ご視聴ください。

<飲み方>
・毎日でなくても、疑いのある人と接触したときだけでも服用すると良いとのことです。
・少ないお湯に溶かして、口に含んで少し舌下吸収させながら飲みます。
・食間、空腹時に。

 

2020.02.03