AIになることで、今後10年~20年の間に
業種が大きく変わると言われています。


「将来なくなる職業」とか「将来なくならない職業」
といったワードで検索すると
ランキングで発表されています。

「将来なくならない職業」の特徴
①人工知能やロボットで代替できないもの
②自分で作りだした仕事
③他人の氣持ちが理解できること
など・・・

まさに、
メディカルアロマテラピーカウンセラーが当てはまります!

そんなこともあってか?偶然か?
最近、メディカルアロマセラピストになりたいカウンセラーになりたい
と受講する方が増えています。

NPO法人日本メディカルアロマテラピー協会秋田理事校では、
メディカルアロマセラピストカウンセラーの両方を学ぶことができます。

昨年アドバイザーを取得したばかりの
すまいるの宮沢文香さん
メディカルアロマ心理学講座を受講し
「メディカルアロマカウンセラー」になりました ♪
*おめでとうございます/* 😀

文香さんがカウンセラーになりたいと思ったキッカケは
メディカルアロマに出会って
心の底から救われ、自分らしい生き方ができるようになったから
今度は、自分が悩んでいる人の役に立ちたいと
思うようになったそうです♡

メディカルアロマ心理学講座では、
心理学の基本的なことを学びますが、それだけではありません。
学ぶことで、自分のトラウマに氣付いたり
自分の思うような生き方ができない原因に氣付いたり・・・

とにかくメディカルアロマ心理学講座は、氣付きがたくさんあるのです。
ここを体感することで、
自分に、そして他者へもカウンセリングができるようになるのです。

例えば誰もが経験した症状
「風邪気味」ってありますよね。


風邪気味だな~と感じるサインって?
・喉が痛い
・だるい
など。。。

そんな時、セルフケアしますよね⁉
・早く寝る
・温かくする
とか

それと同じで、
心の病気にも「気味」という症状があるんです。
・昼より夜が好き
・電話よりメールがいい
・最近物忘れが多くなった
・最近いろんなものに興味がわく
・最近泣いたり怒ったり、感情の変化が激しい
・前は美味しいと感じていたものが、あまり食べたくない
とか・・・ほかにも色々あるのですが

これ、1個でも当てはまっていたら、
「うつ気味」です。


だからと言って、不安にならないでね☘
大事なことは・・・
「誰でもうつ気味になる」っていうこと。
決して「自分が弱い人間だ」とか「ダメな人間だから」で
鬱になるわけではないということ。


風邪気味と一緒で
うつ気味の時にセルフケアをすれば、
一週間で改善します。
でもその方法を知らなかったり、
心が疲れていることに気づかないで放置するから
悪化してしまうのです。

人は自分でよくなる力を持っています。
でも方法がわからないから、もがき苦しみます。
カウンセラーは、そこに ’ちょっと’ 合いの手を添えるだけです。
大切なのは、相手を信じる氣持ち。
きっと良くなると・・・
メディカルアロマ心理学ではそんな手法を学んでいきます。

以前の私は、超マイナス思考、ネガティブ思考。
心理学を習得したことで、
悩みとは無縁の穏やかな毎日になりました。

1人でも多くの人が
自分らしい生き方に出会えると嬉しいなぁ☘

2020.06.17